【食育インストラクターと食育アドバイザー】違いを比較

食育の資格を取りたいなーって思ってるんだけど、「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」の2つの資格をよく聞くんだよね。

名前も似てるし、何がどう違うのかわからないんだけど、どっちの資格がいいのかな?

yumi
確かに「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」は、どちらも似ていて、名前だけでは違いがわかりにくいですよね。

今回は、「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」の2つの資格の違いを解説します!

※当記事で紹介している「食育インストラクター」は、「プライマリー」に該当します。資格の等級の詳細は、公式サイトをご確認ください。

タップで移動できます

食育インストラクターと食育アドバイザー【似ている点】

2つの資格を比べて、似ている点と大きく違う点があります。

まずは、両方の資格の似ている点はこの3つです。

  • 学ぶ内容
  • 講座の教材
  • 質問などサポート体制

それぞれ、解説しますね!

学ぶ内容

学ぶ内容は、どちらも同じで大きな違いはありません。

食育インストラクター
  • 食品の見分け方
  • 食材の栄養素や食べ方
  • 食のマナー
  • 地球にやさしい食生活
食育アドバイザー
  • 食育の基礎
  • 安心・安全な食材の選び方
  • 最適な栄養バランスのとり方
  • 正しい食習慣の実践

講座の教材

教材の内容は、どちらもテキストやDVD、レシピ集がそろっていて、ほとんど同じですね!

yumi
写真で見るとわかりますが、食育インストラクターの講座の教材も、食育アドバイザーの講座の教材も、テキストとDVDがついていますね。

詳しくは、こんな感じです。

食育インストラクター
  • テキスト5冊
  • DVD3巻
  • サブテキスト「カンタンよくわかる旬の食材選びと調理の基礎」
  • 食育レシピ集
  • 添削課題6回分
  • 質問用紙
食育アドバイザー
  • テキスト
  • DVD
  • 時短レシピ集
  • 食育活動事例30個の解説冊子
  • 添削問題3回分

質問などサポート体制

食育インストラクター
  • 講師の手書きコメント・添削あり
  • 課題提出(全6回)時に、それぞれの回でまとめて質問を書く形式
食育アドバイザー
  • 学習状況の確認や学習方法の提案を、専属サポーターが一人ひとり丁寧にアドバイス(手書きorWEBから選べる)
  • 質問は何度でも無料(WEBでもOK)

食育インストラクターも食育アドバイザーも、講師の方に質問ができます。

なお、食育アドバイザーは、手書きの添削かWEBでの添削か、どちらか選べる形式になっています。

受講期間中なら、質問は何回でも無料。WEBでサクッと聞けるのもいいところですね!

>>【無料】食育インストラクターの講座を資料請求する

食育インストラクターと食育アドバイザー【違う点】

違う点は、この3つです。

  • 資格取得にかかる費用
  • 受験が必要かどうか
  • 受講期間とサポート期間

それぞれ、解説しますね!

資格取得にかかる費用

総額で比べると、食育インストラクターの方が安いです。

食育インストラクター総額¥39,900
食育アドバイザー¥38,800+¥450(教材送料)+¥5,600(受験料)
=総額¥44,850

食育アドバイザーの方は、教材送料や受験料が必要になるので、総額では少し値段が高くなります。

受験が必要かどうか

食育インストラクター講座を終えると、受験なしで資格が取れる
食育アドバイザー在宅受験(受験料¥5,600)

食育インストラクターが講座修了で資格が取れるのに対し、食育アドバイザーは講座を終えたあと受験が必要です。

受講期間とサポート期間

食育インストラクター受講期間3〜6ヶ月
サポート期間1年
食育アドバイザー受講期間4ヶ月
サポート期間700日(約2年)

どっちの資格も受講期間はほとんど変わらないけど、サポート期間で見ると食育アドバイザーの方が、1年ほど長いのね。

yumi
そうですね、サポート期間が長いのは、食育アドバイザー講座の魅力ですね。

でも、食育インストラクターの方も、サポート期間はたっぷり1年あるので、どちらも余裕を持って勉強はできますよ!

ただ、2年もあると、かえって学習が進まない人もいると聞くので、長いほどいいわけでもないですよね。

食育インストラクターの講座は、規程の6ヶ月間で講座が終えられなければ、もう6ヶ月延長ができます(なので、合計12ヶ月)。

>>【無料】食育インストラクターの講座を資料請求する

食育インストラクターと食育アドバイザー、どっちがおすすめ?

結局どっちの資格をとったらいいの?おすすめは?
yumi
総合的に見てコスパが良い「食育インストラクター」がおすすめです。

栄養士学校でも先生が取得をすすめている資格で、販売している「がくぶん」という会社も、90年続く通信教育の老舗なので、信頼もできますね。

食育インストラクターの方が、この3点からおすすめです。

  • 同じ教材内容で費用が安い
  • 受験の必要がなく、講座修了で資格が取れる
  • のちのち、2級や1級など上級資格も目指していける

「いきなり受講はちょっと…」って方も、資料請求なら無料なので、ぜひ取り寄せてみてください。

>>【無料】食育インストラクターの講座を資料請求する

どちらにしようか迷ったら

それでもどっちにしようか迷う…という方は、食育インストラクターと食育アドバイザーの講座を両方、資料請求してみて比較するといいですよ。

どちらも資料請求は無料なので、いったん取り寄せてみてから決めるのもありですね!

安くはない投資なので、今回の記事を参考にしつつ、慎重に選んでみてくださいね。

>>【無料】がくぶん「食育インストラクター」の講座を資料請求する

>>【無料】キャリカレ「食育アドバイザー」の講座を資料請求する

※当サイトの記事に記載の価格は、すべて税込です。

よかったらシェアしてね!
タップで移動できます
閉じる