【アレルギー対応食アドバイザー口コミ】独学NG・合格率・仕事就職

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判を一挙紹介!独学NGで試験難易度は低め。実際にテキストを購入し受講・合格した体験談

当サイト「食の資格どっとこむ」に掲載している通信教育や資格講座等は、学習内容や費用、サポート体制など多面的に分析しており、人気ランキングの順で掲載しておりません。広告出稿の有無によって掲載順位や内容が変更されることはありません。
詳細は「食の資格どっとこむ」のコンテンツ作成ポリシーをご覧ください。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は独学できず口コミで良い評判と聞くけど、「本当に役立つの?」「テキストや資格試験の難易度は?」「保育士や栄養士など、保育・食関連の仕事のために取得しても意味がある?」など、不安や疑問も浮かんできますよね。

そこで今回は、キャリカレでアレルギー対応食アドバイザー資格講座を申し込んでみたので、テキストや試験難易度・勉強方法や第三者の口コミ・評判を紹介します。

「これからキャリカレでアレルギー対応食アドバイザーの資格を取ろうか迷っている」という人は、口コミや評判をぜひ参考にしてみてください。

タップで移動できます

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格は独学NG!試験難易度や合格率

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は独学不可で難易度は低く合格率は高め

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のポイント

・アレルギー対応食アドバイザー資格は市販テキストで独学できない。キャリカレの講座受講が条件
民間資格で難易度は低め。カリキュラム通り進めていけば無理なく取れる資格
・合格率は非公表だが自宅で監視チェックなく受験できるので、合格率は高めだと考えられる

アレルギー対応食アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が主催する民間の資格です。

アレルギー対応食アドバイザー資格は独学できず、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座を受講しなければ、資格をとることができません。

受験資格は特になし。初めて食物アレルギーの知識を学ぶ方も安心して取り組める内容です。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の概要

資格名アレルギー対応食アドバイザー
資格認定日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格特に制限なし
(国籍・年齢・性別・学歴・実務経験
などに関係なく、受検可能)
試験形態在宅受験
試験日認定講座を修了すれば
いつでも何回でも受験可能
試験方式筆記試験
学習期間3ヶ月
受講期限700日
受講費用41,800円
受検費用5,600円
合格基準得点率70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

実際にキャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格試験を受験したところ、試験難易度は栄養士などの国家資格で使われる試験に比べると低めに感じました。合格率は高めだと想定できます。

アレルギー対応食アドバイザー資格試験は在宅受験ができ、自分の好きな日程・時間に受験できます。試験のために外出する必要がないのが便利でした。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の学習〜受験手順

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の教材テキストを申し込み、学習から受験までしてみました。アレルギー対応食アドバイザー資格取得までの流れはこちらです。

STEP
ネット申込み

キャリカレの公式ページから資料請求や申込みができます。

STEP
アレルギー対応食アドバイザー資格講座の教材テキスト到着

キャリカレから、一週間くらいでアレルギー対応食アドバイザー資格講座の教材テキストが届きます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の受講申込み画面
STEP
アレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキストと映像で勉強

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザーの教材テキストで勉強開始!

STEP
アレルギー対応食アドバイザーの添削問題を解いて提出

郵送かネットのどちらかで添削問題を提出します。

STEP
アレルギー対応食アドバイザー資格試験を受験

添削問題を全部提出したら、最後は資格試験です。

受験料を振り込むと、問題・解答用紙が届くので記入して郵送します。

STEP
アレルギー対応食アドバイザーの資格取得

合否通知が届きます。不合格の場合は毎回5,600円かかりますが、いつでも何度でも受験ができます。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座テキスト口コミ!教材紹介

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の教材テキスト一覧はこちら。

  • テキスト3冊
  • 添削問題
  • 教室開業サポートBOOK
  • 学習ガイドブック
  • DVD2巻
  • 受講証書
  • 添削・質問関連書類

テキスト1冊目:食物アレルギーの基礎を学ぶ

1冊目のテキストでは、食物のアレルギーの基礎を学びます。

食物アレルギーの症状と原因食材や食物アレルギーの種類と検査、対処法、アレルギーの種類や検査方法、保育園や学校とのコミュニケーションの取り方も含めて学びます。

テキスト2冊目:アレルギー対応食の基礎知識を学習

テキスト2冊目では、アレルギー対応食の実践方法を学習します。

アレルギー対応食の基本と実践例やレシピや献立作り、調理のポイント、アレルギー対応食から解除に向かうための食事の進め方を学習します。

テキスト3冊目:アレルギー対応食の実践方法を学ぶ

テキスト3冊目では、食材の置き換えルールやアレンジの考え方、作り方、材料のポイントや調理のコツなどを、失敗例から考える注意すべきポイントも含めて学びます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

牛乳の置き換え食品として「豆乳のパンナコッタ」や、つなぎをじゃがいもにした「ふっくらじゃがバーグ」など、具体的なレシピがとても参考になりました。

別冊テキスト:料理教室開業マニュアルBOOK

副教材の「料理教室開業マニュアルBOOK」では、アレルギー対応食がテーマの教室の開業方法がわかります。

キャリカレの資格講座の質問Web提出画面

質問は郵送でもできますが、スマホやパソコンから受講生ページにログインしWeb提出もできて便利でした。

質問回数は無制限で、Web提出なら切手代や郵送の往復の時間・手間を節約できるのがメリット。これから受講する方はぜひ活用してみてください。

学習ガイドブック

学習ガイドブックでは、勉強の進め方やWebの登録、添削課題の提出方法や試験のやり方が載っています。

質問方法なども載っているので、最初に読んでおくと良いでしょう。

アレルギー対応食アドバイザー資格講座の添削問題3回

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

アレルギー対応食アドバイザー資格講座の添削課題は3回分あり、郵送で提出できます。

キャリカレの資格講座の添削課題Web提出画面

ですが、郵送って切手代が地味にかかりますよね…そんな場合は、パソコンやスマホからも提出できるので便利!受講生ページからログインして問題を解いて提出できます。

アレルギー対応食アドバイザー資格講座の添削問題を解いて提出したあとは、最後に資格試験です。

添削問題3回分を終えると受験の申し込みができるので、資格認定をしている「一般財団法人 日本能力開発推進協会」公式サイトからネットで申し込み手続きをし、試験用紙が届くのを待ちます。

2週間程度で試験問題が届くので、自宅で好きな時間に試験を受け解答用紙を郵送。1ヶ月ほどで結果が送られてきます。

資格試験自体は、自宅でできるのでリラックスして受験できました。外出の必要もなくて便利だと感じました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミ評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミや評判を調査しまとめました。

受講生
アレルギー対応食アドバイザー資格合格してた🙌入院してたとき勉強してて主治医も興味持ってテキスト見てたやつ。大きな資格ではないけど、今後この資格を誰かのために活かすことができたら素敵なことだと思う🥰自分に役立つ内容も多かった♪

引用元:Twitter

受講生
アレルギー対応食アドバイザーの資格認定書が届きました♫思ってたよりちゃんとしてるのをいただいて嬉しい😆

引用元:Twitter

受講生
キャリカレさんから届きました〜!アレルギー対応食アドバイザー 頑張って勉強するぞ。内容見てみると食物アレルギーについて凄くわかりやすく細かく書いている。おさらいも含めて初心にかえります。

引用元:Twitter

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミや評判を調査しまとめました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミ・評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミや評判を調査しまとめました。

  • 今後活かせる内容で、自分に役立つことも多かった
  • アレルギー対応食アドバイザー資格の認定証のクオリティが高い
  • 食物アレルギーについてわかりやすく細かく書かれている

良い口コミ評判1.「今後活かせる内容で、自分に役立つことも多かった」

受講生
アレルギー対応食アドバイザー資格合格してた🙌

入院してたとき勉強してて主治医も興味持ってテキスト見てたやつ。大きな資格ではないけど、今後この資格を誰かのために活かすことができたら素敵なことだと思う🥰自分に役立つ内容も多かった♪

引用元:Twitter・キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座受講生

良い口コミ評判2.「アレルギー対応食アドバイザー資格の認定証のクオリティが高い」

受講生
アレルギー対応食アドバイザーの資格認定書が届きました♫思ってたよりちゃんとしるのをいただいて嬉しい😆

引用元:Twitter・キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座受講生

良い口コミ評判3.「食物アレルギーについてわかりやすく細かく書かれている」

受講生
キャリカレさんから届きました〜!アレルギー対応食アドバイザー頑張って勉強するぞ。

内容見てみると食物アレルギーについて凄くわかりやすく細かく書いている。おさらいも含めて初心にかえります。

引用元:Twitter・キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座受講生

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の悪い口コミや評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の悪い口コミや評判を調査しまとめました。

  • 知れば知るほどアレルギーは複雑でむずかしい
  • 資格の難易度が低い

悪い口コミ評判1.「知れば知るほどアレルギーは複雑でむずかしい」

受講生
アレルギー対応食アドバイザーに合格しました。アレルギーに関して学んでわかったことは、知れば知るほどアレルギーというものは複雑で難しいと言うことを認識できました。

引用元:Twitter・キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座受講生

悪い口コミ評判2.「資格の難易度が低い」

受講生
「アレルギー対応食アドバイザー」認定されました✨

と言いましても、民間資格なのでそんなすごくないのですが💦これからも、アレルギー対応のおやつ作り頑張っていきます🍀

引用元:Instagram・キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座受講生

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のメリット・デメリット

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のメリットは、この3つです。

  • 食物アレルギーに特化して学べる
  • 認定証の発行費用が無料で、クオリティも高い
  • 子育てや保育関連の仕事に生かせる

逆に、デメリットなのはこの2つです。

  • 自分で本を買ってきて独学するよりも費用がかかる
  • 直接講師の人に会って質問をすることはできな

通信講座なので、自分で本を買ってきて勉強するよりはお金がかかりますが、食物アレルギーの基本的な知識が身につきます。

ただし、通信教育は外部の講座と違って、講師の先生から直接お話が聞けたり、直接会って質問ができるわけではないので、リアルタイムに疑問点が解消できません。

しかし、キャリカレの講座では回数無制限でいつでもメールで質問ができるので、勉強していて疑問に思ったことを聞く環境はあります。

メールなのでタイムラグはありますが、不安なところは聞いて解決できるのはメリットです。

キャリカレで取れるアレルギー対応食アドバイザー資格は仕事に役立つ

「アレルギー対応食アドバイザーの資格を取って、それを就職に直結させることができるか」というと、むずかしいでしょう。

キャリカレの合格認定証に「アレルギー対応食アドバイザーの資格は履歴書に書いてOK」とありましたが、その資格があればすぐに就職できたり、人に医学的なアドバイスができるわけではありません(たとえば管理栄養士などの資格は、病院で患者さんに栄養のアドバイスができます)。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格は、栄養士のように「その資格があれば特定の施設に就職できる」国家資格ではないので、就職に直結しません。

ですが、家庭での食育活動や日々の食事作り、保育現場での仕事で食物アレルギー対応の場面ではぞんぶんに活かせる内容だと思いました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座と他社講座の比較

キャリカレの講座を、他社の同じ分野の講座と比較しました。

資格名

教材
ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材・テキスト
離乳食・幼児食
コーディネーター
キャリカレの幼児食インストラクターの資格講座の教材・テキスト
幼児食
インストラクター
SARAスクールの幼児食資格講座の教材・テキスト
幼児食
マイスター
ラーキャリの幼児食プランナー資格取得講座のテキスト・教材
幼児食プランナー
フォーミーのベビーフードコンサルタント資格取得講座
ベビーフード
コンサルタント
運営ユーキャンキャリカレSARAスクールラーキャリフォーミー
学習期間3ヶ月3ヶ月2〜6ヶ月期限なし1ヶ月
サポート・受講期限は12ヶ月
・1日3問まで質問OK
・受講期限は700日間
・就、転職サポートあり
・受講期間中なら無料で何度でも質問可能
・専属スタッフが卒業までサポート
LINEでも質問できる
・質問対応への回答が早く丁寧
ホームページ、名刺作成サポートあり
・受講期間中なら無料で何度でも質問可能
特徴離乳食と幼児食が両方学べる
・通信教育業界大手
・学べるのは幼児食のみ・コース受講で2つの資格が取れる
・認定証と認定カードは各5,500円
・添削課題を提出しなくても良い
・試験のみや講座のみなど種類あり
スマホ、パソコンで学習・受験まで完結
・移動時間に勉強しやすい
料金32,000円28,600円59,800円〜
79,800円
49,500円35,200円
申込み今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む
資料請求無料資料請求無料資料請求無料資料請求詳細を確認詳細を確認
※資格の詳細は変更されることがあるため、公式サイトで最新情報の確認をお願いします。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座がすぐれているのは、「食物アレルギーに特化して学べ、サポート期間が長い(700日間)」点です。

充実した教材で、自分のペースで余裕を持って学びたい方には、ピッタリの講座です。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座はどんな人におすすめ?

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座がおすすめの人
おすすめできる人
おすすめしない人
  • 野菜を使ったレシピがあまり思い浮かばない人
  • 大事なポイントだけを効率よく学びたい人
  • 知識を身につけつつ資格取得までしたい人
  • 市販のテキストを買いそろえて勉強したい人
  • すで野菜や果物の知識がある人

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、こんな方におすすめです。

食物アレルギーの大事なポイントだけを効率よく学びたい人

アレルギー対応食アドバイザー資格講座のメリットは、通信講座として教材がまとまっていることです。

なので、自分で本を選んで買いそろえる必要がありません。

プロの指導を受けながら、食物アレルギーの必要な知識や技術だけを、効率よく学びたい人におすすめです。

アレルギー対応食のアドバイザーとして副業・仕事で生かしたい人

別冊の料理教室開業マニュアルBOOKでは、アレルギー対応食の料理教室を開くたの、集客や教室運営、収入を得るためのノウハウなどを詳しく解説しています。

さらに、実際の教室風景をみて運営方法などを学べる映像教材もあり、自信を持って料理教室を開催・運営できるようになします。

副業や保育関連の仕事や活動でも参考になることが多いので、活用してみてください。

食物アレルギーの知識を身につけつつ資格取得までしたい人

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座では、全部で3回分の添削課題があります。添削課題が終わって受験申し込みをすると、郵送で試験問題が届くので在宅で受験して郵送。これに合格すればアレルギー対応食アドバイザーの資格が取得できます。

食物アレルギーの知識を身につけつつ、資格取得までできてチャレンジしやすいと口コミで評判です。

お子さんや保育関連の仕事でアレルギー対応に悩んでいる方も、体系化された知識と実践方法でアレルギー対応食にもっと自信が持てるようになりますよ。

資料請求は無料なので、「最初から申し込むのはちょっと不安…」という方は、ぜひまずは資料請求で、スケジュールや学べる内容をチェックしてみてください。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座を申し込む前に知っておきたいQ&A

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のよくある質問
育児や仕事で忙しくて、続けられる自信がありません…

アレルギー対応食アドバイザー資格講座の標準学習期間は3ヵ月ですが、受講開始から700日すべての指導サービスを利用できます。

また、1日の学習時間は20分でOKです。スキマ時間で無理なく学べる設計になっているのでご安心ください。

アレルギー対応食の勉強が初めてです。初心者でも大丈夫でしょうか?

講座では、初めて食物アレルギーを学ぶ方の目線に立って作られたカリキュラムなので、初心者の方でも大丈夫です。

もし何かにつまづいた場合でも、経験豊富な講師や指導スタッフによる質問サポートで、学習をバックアップもらえます。

他の食系資格との違いはなんですか?

幼児食インストラクターは、1歳〜5歳くらいまでの小さい子どもの食事を幅広い知識をざっくりと学びます。

食育アドバイザーは、食事のマナーや食品添加物など食の安全性、仕事としての活動事例を学ぶことができます。

アレルギー対応食アドバイザーは、食物アレルギー対応の食事に特化した内容を学ぶことができ、アドバイザーとしての仕事や開業ノウハウについても詳しく学習できます。

添削回数は全部で何回ですか?

添削回数は3回で、資格試験とは別で分かれています。

メインテキストが1冊終わるごとに添削課題が1回あるので、学んだ内容がきちんと理解できているか、学習のペースメーカーとしても役立てることができます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミ評判まとめ

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は独学不可で難易度は低く合格率は高め

今回は、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の資格試験難易度や合格率、受講生の口コミをお伝えしてきました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の特徴・レビュー・口コミをまとめると以下の通りです。

アレルギー対応食アドバイザー資格講座のポイント

食物アレルギーの基礎知識を学べて、教材も受講後も取っておける
・期間が700日たっぷりあるので、余裕を持って勉強ができる
・通信で学習・受験まで完結。スクールに通ったり、書店で本を選んで買いそろえる手間が省ける

わからないところをプロの講師に質問できるのも便利で、自分で食物アレルギー関連の本を買いそろえる手間も省けるのもメリットです。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座を「受講してみたい」「資料請求で講座内容をチェックしたい」という方は、下記のボタンから申込み・または無料資料請求ができるので、ぜひこの機会に検討してみてください!

※当サイトの記事に記載の価格は、すべて税込です。

よかったらシェアしてね!
タップで移動できます
閉じる