食の資格の種類

【実際に受講してみた】離乳食・幼児食コーディネーターの口コミ【仕事にもいかせるの?】

離乳食・幼児食
新米ママ
新米ママ
もうすぐ初めての子どもが産まれるから、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格を取りたいと思ってるのよね。独学できるのかな?

実際に受講した人の口コミが知りたい!

 

ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格を取ろうと思っているものの、

どんな流れで勉強するのかや、どんな資格かがわからないと、受講を迷ってしまいますよね。

そこで

そこで今回は、実際に私が、ユーキャンで離乳食・幼児食コーディネーターを受講してみたので、レビューと感想を書きたいと思います。

 

「これから離乳食・幼児食コーディネーターの資格を取ろうか迷っている」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

この記事を読んだあとは、離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座がどんな感じで進んでいくのかがわかって、受講のイメージがしやすくなりますよ。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格とは?合格率はどのくらい?

資格試験に合格

離乳食・幼児食コーディネーターは、日本味育協会が主催する民間の資格です。

Yumi
Yumi
「独学できるのかな?」と思って私も調べたのですが、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の講座を受講しなければ、資格をとることができません。

受験資格は特になし。離乳食や小学生までの子供の食事を学びたい方なら誰でも受けることができます。

 

まずは、「離乳食・幼児食コーディネーター」がどんな資格試験なのか、表にまとめました。

資格名 離乳食・幼児食コーディネーター
資格認定元 日本味育協会
受験資格 特になし
受験日程 いつでもOK
受験会場 在宅受験
受験科目 ユーキャンの講座内容から出題
出題形式 マークシート方式
試験時間 在宅受験なので特に制限なし
受講料(税込) ¥32,000
受験料 ユーキャンの受講料に含まれる
問題数 全部で30問
合格基準 70%以上の得点率
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

 

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格試験は、テキストを見ながら在宅受験OKなので、ほとんどの人が合格できます。

試験のために外出する必要がないし、もし解けない問題があってもテキストで確認できるので、安心でした!

今すぐ申込む無料で資料請求する

【独学できるの?】離乳食・幼児食コーディネーターの資格の勉強方法

勉強

離乳食・幼児食コーディネーターは、ユーキャンの講座を受講することが、資格取得の条件となります。

なので、独学で資格を取ることができません。

 

自分で本を買って、離乳食や幼児食のことを独学すればいいんじゃない?と思ったのですが、

 

前に独学したとき、勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまったんですよね…

 

Yumi
Yumi
「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」ことができるのが、通信教育のメリットですね。

 

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用しちゃいましょう!

今すぐ申込む無料で資料請求する

乳幼児食指導士より離乳食・幼児食コーディネーターを選んだ理由

女性

離乳食・幼児食コーディネーターに似た資格で、「乳幼児食指導士」があって、パッと見て違いがよくわからないですよね。

 

資格の名前が似ていて、私も違いがよくわからなかったので、調べたところ、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の方がおトクだということがわかりました。

 

離乳食・幼児食コーディネーターと乳幼児食指導士の違いは何?

教材やサポート体制、料金など、気になる部分を表にして比べてみました。

※表は横にスクロールできます。スマホの方は、横にすると見やすいかと思います!

離乳食・幼児食
コーディネーター
乳幼児食指導士
資格認定団体 日本味育協会 (株)日本フローラルアート
受験資格 特になし 特になし
受講料(税込) ◎¥32,000 △¥39,800
受験料 受講料に含む 試験なし
認定証 無料 有料(料金非公開)
受講方法 ユーキャンの
通信教育
東京カルチャーセンターの
通信教育
教材 離乳食・幼児食コーディネーターの資格の教材

  • テキスト3冊
  • 離乳食・幼児食レシピ集58
  • 食材・外食ハンドブック
  • DVD
    「離乳食・幼児食
    調理のポイント」
  • ガイドブック
  • 添削関連書類一式
乳幼児食指導士の資格の教材

  • テキスト4冊
  • 子供が喜ぶ
    乳幼児食かんたんレシピ
  • 子供が喜ぶ
    食物アレルギーレシピ
  • 添削関連書類一式
受講期間 4ヶ月
(◎サポート期間12ヶ月)
6ヶ月
試験 マークシート方式
在宅受験OK!
講座修了で資格取得

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

こうやって見比べると、東京カルチャーセンターの乳幼児食指導士の方が、料金が7000円くらい高いんですよね。

資格の認定証は別料金なので、さらに料金が上乗せされれば4万円は超えます。

 

Yumi
Yumi
教材の充実感は同じくらいで、サポート体制も大差はないことがわかったので、私は少しでも料金を料金が抑えられるユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」を選びました。

 

ほかの資格講座では有料のことが多い「認定証の発行費用」も、ユーキャンなら無料

メインテキスト3冊のほかに、レシピブックやDVDなど教材も充実していて、おトクだと感じたので、ユーキャンにしました。

今すぐ申込む無料で資料請求する

【口コミ】離乳食・幼児食コーディネーターを実際に受講してどうだったか?

まずは無料の資料請求で、どんな資格なのか見てみました。

カラフルなチラシや資料が何枚か入っています。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の資料

合格までのスケジュールもすごくわかりやすくて、勉強を進めるイメージがしやすいと感じました。

一通り取り寄せた資料を読みこみ、サポート体制や教材の内容も良さそうだったので、さっそく申し込み!

これから子供が産まれる予定なので、今のうちに勉強しておかなくちゃと思って、受講することにしました。

 

32,000円一括はちょっと大きい出費になりそうだったので、分割払いで「2,980円×11回」にしました。

分割払いでも、総額32,780円なので、一括払いと780円しか変わらなくおトクだと思いました♪

 

「離乳食・幼児食コーディネーター」を申し込んでから1週間ほどで教材が届いたので、勉強開始。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

ユーキャンのホームページにあった通り、教材はこんな感じのラインナップです。

  • テキスト1「子どもの心身と食生活」
  • テキスト2「離乳食の知識と基本実践」
  • テキスト3「幼児食の知識と基本実践」
  • 離乳食・幼児食レシピ集58
  • 食材・外食ハンドブック
  • DVD「離乳食・幼児食 調理のポイント」
  • ガイドブック
  • お知らせと提出用紙
  • 添削課題集
  • 添削課題マークシート解答用紙(4枚)
  • 添削課題提出用封筒(4枚)
  • 学費お支払い用紙綴(クレカ以外での支払いの場合のみ)

まずは、学習ガイドブックで、勉強の進め方やWebの登録、添削課題の提出方法や試験のやり方を確認しました。

一通り確認したところで、勉強開始。

テキストは、イラストや図解がたくさんあって、離乳食や幼児食の知識がゼロの人も無理なく学習できると思いました。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

まずはテキスト1から勉強開始。離乳食や幼児食の基本が学べます。

ナビゲーションのキャラクターや、ワンポイントアドバイスがあったりして、初心者の人もわかりやすく学べるような工夫がいっぱいです。

添削問題を解いて提出したら、次にテキスト2です。

テキスト2が離乳食の実践で、テキスト3は幼児食の実践。時期ごとに必要な知識が、わかりやすく書かれていました。

写真やイラスト、図解もたくさんあってすごくわかりやすかったです♬

区切りのいいところで確認問題もついているので、テスト対策が自然にできて便利です。

レシピ集も、時期ごとやイベントレシピもまとまっていて、すごく重宝しました!

先輩ママ&パパの体験談コラムも勉強になりました。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

食材・外食ハンドブックは、小さな冊子でまとまっているので、「あれ、この食材って食べさせてもいいんだっけ?」と迷ったらすぐに見られます。

外食のときも確認できて便利なので、赤ちゃんが産まれたらバックの中に入れて持ち歩こうと思います。

DVDで食材の裏ごしなど、文章だとイメージしにくい部分も映像でわかりやすくまとまっています。

添削課題はどうやって提出するの?

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

添削課題はマークシートになっていて、郵送でも提出できますが、切手代がかかります。

私は切手代がもったいないと思ったので、Webで提出。ネット環境があれば、Webで確認問題も添削課題もできるのが便利でした。

ユーキャンの資格試験の勉強

離乳食・幼児食コーディネーターの試験の難易度とコツは?

テキストが一段落するごとに、確認問題がついています。この確認問題と、添削課題3回分をしっかりと理解しておけば、最後の試験は大丈夫でした!

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

↑これが、テキストの章末確認問題です。添削課題と合わせて、この問題も解いておくと対策になります。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

↑試験は添削課題の冊子の最後についています!

最後の試験は、すごくむずかしい問題はないですし、選択式(マークシート)なので、記述テストもありません。

でも、テキストや添削課題をしっかり読んでおかないと解けない感じなので、勉強してから最後の試験をやるのがいいと思いました。

講座を受講してみて、すごく役立つ知識が学べたし、プロに質問もたくさんできたのでよかったです。疑問や不安がいろいろと解消されました♬

 

月々2,980円で今勉強しておいて、赤ちゃんの離乳食を迷いなく進められると考えたら、大満足です!

今すぐ申込む無料で資料請求する

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターを受講して感じたメリット

メリットは主にこの2つです。

  • 離乳食に限らず、子どもの食事全般が学べる
  • 試験が在宅でできて手軽
  • 12ヶ月、離乳食や子どもの食事のことをいつでも質問できるので心強い

実際にテキストを見てみると、離乳食のことだけではなく、5歳までの食事のことを学べるので、幅広く学べておトクだと思いました。

教材の中でも、年齢ごとのQ&A集は、思った以上に勉強になりましたね。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

よくある質問をまとめてくれているので、これから子供が生まれて食事のことで悩んだら、このテキストを見返そうと思います。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

テキストには、大事なところにマーカーを引いて勉強。試験対策にむけてしっかり読んで理解します。

ユーキャンの講座では、4回目の課題添削が試験

添削課題集の最後の方に、資格試験の問題があります。

事前に見たくなってしまいますが…、我慢して本番まで見ないでおきました。

試験は在宅受験で、自分の好きなタイミングで受験できたので、リラックスして試験を受けることができました。

 

「平均受講期間は4ヶ月」とありましたが、私は土日など休みの日に集中して勉強したので、1ヶ月くらいで資格を取ることができました。

 

平均の期間のように、4ヶ月くらいでゆっくり勉強したい!という方は、1日15分くらいの勉強時間がとれれば、資格取得ができると思います。

スケジュール管理の計画表もユーキャンの教材の中に入っていたので、これに書き込みながら計画的に勉強をしました。

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

添削課題でしっかり学べたので、テストは簡単に解けました!章末の確認問題や、添削課題をよく見直しておけば、本番のテストも安心です。

もし不合格でも、3回までは受験ができます。

最後に資格認定証も受け取り、勉強したことをちゃんと形に残せたのがよかったですね。達成感があります。

受講してみた感想としては、離乳食や子供の食事の知識が身について、出産後の子供の食事の漠然とした不安がなくなりました。

「赤ちゃんの食事で、こういう場面ではこうすればいい・こう考えればいい」ということが学べたので、出産後の予習できた感じ。勉強しておいてよかったと感じています。

 

今すぐ申込む無料で資料請求する

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターを受講して感じたデメリット

すごくためになる資格講座だったのですが、デメリットをあげるとすれば、

  • 「質問の回答には少し時間が必要」
  • 国家資格のように「就職に直結する資格」ではないこと

ってところです。

 

質問できるのが独学にはない、通信講座のメリットなのですが、メールで送った質問の回答に少し時間がかかることがあるんですよね。

すぐに知りたい!と思ったことに即答で返信が返ってくるわけではないので、5日くらいは余裕を見た方がよさそうです。

 

とはいえ、サポート期間は12ヶ月たっぷりで、一日3問までは質問OK!

せっかくお金を払っているので、テキストの範囲内で質問したいことや食事で気になっていたことをプロに聞けて、いろんな疑問が解決できました。

 

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターは、仕事にできるの?

「離乳食・幼児食コーディネーターの資格を取って、直接就職に使えるか」というと、ちょっとむずかしいのかなと思いました。

 

勉強することは役立つ内容だし、「離乳食・幼児食コーディネーターの資格は履歴書に書いてOK」とあったので、使えるとは思うのですが、

その資格があればすぐに就職できたり、施設で何か専門的なアドバイスができるかというと、それは違うのかなと思いました(たとえば管理栄養士などの資格は、病院で患者さんに栄養のアドバイスができます)。

 

Yumi
Yumi
「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格は、栄養士のように「その資格があれば特定の施設に就職できる」国家資格ではないので、就職に直結するか、というわけではありません。

 

ですが、家庭での離乳食作りや、子供の食事を作る場面ではとても活かせる内容だと思いました。

今すぐ申込む無料で資料請求する

離乳食・幼児食コーディネーターの資格の口コミまとめ

離乳食・幼児食コーディネーターの資格の勉強をして感じたことをまとめます。

  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」は、充実した教材で最安値で資格がとれるので、できるだけ費用を抑えてコスパよく勉強したい人におすすめ
  • 平均学習期間は4ヶ月、サポート期間も1年あるが、計画的に勉強すれば1〜2ヶ月くらいで資格が取れる
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」は国家資格ではないので、就職に直結するわけではないが、ふだんの食事作りや健康管理に活かせる知識が身につく

受講を申し込んだあとで、もし「勉強できなそう…」となっても、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます。

 

資料請求は無料です。これから離乳食や子供の食事を学ぼうと考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

今すぐ申込む無料で資料請求する

ABOUT ME
Yumi
栄養士の学校で食や健康を勉強し、栄養士の資格を取りました。 今は30代前半で、家庭を持ちながら共働き。 資格を取るのが趣味で、食関連のいろいろな資格に挑戦しています。 栄養士など、食関連の資格に挑戦してきた経験をもとに、食の資格のとり方をブログで解説しています。 趣味はハンドメイドと料理です♬
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ