【離乳食・幼児食の資格の種類】一覧で比較!どれがいいの?おすすめは?

  • もうすぐ初めての子供が生まれるけど、離乳食の作り方や知識が全然なくて不安…
  • 離乳食や幼児食の知識を学んで、子供に栄養たっぷりの食事を作ってあげたい!
  • 妊娠中で在宅にいる時間を使って、離乳食や幼児食の勉強をして、出産後にあわてないようにしたい。

初めての子供が生まれたあと、出産後に離乳食作りをどうしていいかわからず、あわててしまうことは多いです。

yumi
私自身、離乳食と幼児食の勉強を独学でしていましたが、講座を買って勉強したことで、勉強を進めることができ資格取得ができました。

そこでこの記事では、子供の食事で悩まないための、離乳食や幼児食の正しい知識が学べる講座を一覧で比較しました。

離乳食・幼児食が学べる講座の種類がありすぎて選び方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タップで移動できます

離乳食・幼児食関連の資格の一覧・種類まとめ

離乳食・幼児食に関する資格にどんなものがあるのか調べて、一覧で表にまとめました。

スクロールできます
資格名申込先費用受講方法学習期間試験概要
離乳食
インストラクター
詳しく見る280,800座学・実習6時間×6日間
(合計36時間)
筆記
乳幼児食指導士詳しく見る39,800通信教育
(楽学ネット)
6ヶ月講座修了で資格取得
幼児食
アドバイザー
詳しく見る41,000座学or
オンライン
2時間半×2日間
(合計5時間)
筆記・調理課題
(スマホ・PCで提出OK)
幼児食
マイスター
今すぐ申込む

無料で資料請求
79,800円(試験免除)
59,800円(試験必要)
+10,000円(受験料)
通信教育
(SARAスクール)
2〜6ヶ月筆記(在宅受験)
ベビーフード
インストラクター
今すぐ申込む

無料で資料請求
79,800円(試験免除)
59,800円(試験必要)
+10,000円(受験料)
通信教育
(SARAスクール)
2〜6ヶ月筆記(在宅受験)
ベビーフード
コンサルタント
詳しく見る35,200円スマホorパソコン
(フォーミー)
1ヶ月WEB(在宅受験)
幼児食
インストラクター
今すぐ申込む

無料で資料請求
28,600円
450円(教材送料)
5,600円(受験料)
通信教育
(キャリカレ)
3ヶ月筆記(在宅受験)
離乳食・幼児食
コーディネーター
今すぐ申込む

無料で資料請求
32,000通信教育
(ユーキャン)
4ヶ月マークシート
(在宅受験)
当サイトのコンテンツの無断転載はご遠慮ください。
資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

【離乳食・幼児食のおすすめ資格講座】3選

第3位:SARAスクールの幼児食コース

SARAスクールの幼児食基本・プラチナコース

SARAスクールの幼児食コースのおすすめポイント

  • プラチナコースを選択すると、卒業試験の課題提出で資格取得ができる(試験免除)
  • 最短2ヶ月とスピーディーに資格
  • 質問が何度でも無料でできる

SARAスクールの幼児食コースでは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく幼児食資格講座を学ぶことができます。

他社では「1日3問まで」など制限がありますが、SARAスクールでは、無料で何度でも質問ができるのもポイント。

わからないところがあったら、回数を気にせずに質問できるのがメリットです。

空いた時間を活用して、自分のペースで無理なく勉強が進められますよ。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>この講座を今すぐ申し込む

資格講座名幼児食基本コース
幼児食プラチナコース
講座申込み先SARAスクール
学習期間2ヶ月〜6ヶ月
受講費用基本コース ¥79,800
プラチナコース ¥59,800
教材送料無料

幼児食基本コースの教材

SARAスクールの幼児食資格講座の教材
  • ガイドブック
  • 受講証・受講カード
  • 学習テキスト2冊
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 質問用紙、封筒

SARAスクールの幼児食講座は、この2つの資格に対応しています。

  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「幼児食マイスター」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「ベビーフードインストラクター」

一つの講座を受けると、二つの資格を同時に取ることができます。

まずは無料の資料請求で、どんな内容が学べるのか、スケジュールや費用感をぜひチェックしてみてくださいね。

>>この講座を今すぐ申込む

>>無料!この講座を資料請求する

第2位:キャリカレ「幼児食インストラクター」資格取得講座

キャリカレの幼児食インストラクター資格取得講座

幼児食インストラクターのおすすめポイント

  1. サポート期間が700日と長いので、急な都合で勉強を休むことになっても安心
  2. 管理栄養士&小児科医2名の幼児食の専門家が全面監修&徹底指導
  3. 離乳食は学べないが、1歳~6歳までの幼児食レシピや知識をしっかり学べる

成長別のレシピや食事のつくり方、子どもの行動理由から、食物アレルギー・病気時のケアまで、すぐにいかせる幼児食の正しい知識が身につきます。

さらに、カリキュラムを修了すると、幼児食のプロを証明する認定資格にも対応。

楽しく幼児食を作る料理教室の開催や、ブログ・SNSなどを通じて、同じ不安を抱えるママたちのアドバイザーとして発信活動をすることもできますよ。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>割引価格で今すぐ申し込む

資格講座名幼児食インストラクター資格取得講座
講座申込み先キャリカレ
学習期間3ヶ月〜23ヶ月
(サポート期間700日)
受講費用¥28,600
受験料¥5,600

幼児食インストラクター資格講座の教材

  • テキスト3冊
  • キャリカレノート
  • 開業サポートBOOK
  • 添削課題集
  • 学習ガイドブック
  • DVD1巻
  • 質問用紙

キャリカレの講座では、初心者の方でもムリなくしっかり学べる教材を用意。わかりやすいテキストと、実践力を高める映像講義できちんとスキルが身につきます。

>>この講座を今すぐ申込む

>>無料!この講座を資料請求する

第1位:ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター講座

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター資格講座

離乳食・幼児食コーディネーター講座のおすすめポイント

  • 通信教育業界大手のユーキャンで信頼度が高い
  • 資料請求で来る資料が、他社に比べてものすごく手厚く心がこもっている!
  • 受験料や教材の送料が無料なので、費用を抑えて受講できる

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター講座は、リーズナブルに受講できるのがポイント。

他社だと、資格認定証や受験、教材の送料が受講料とは別でかかり、トータルで高くついてしまうことがありますが、ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター講座は32,000円と同じ離乳食・幼児食の資格の中でもかなりコスパが良いです。

「費用を抑えつつ、充実した教材で離乳食や幼児食を学びたい」コスパ重視の方にはおすすめの講座です。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>この講座を今すぐ申し込む

資格講座名離乳食・幼児食コーディネーター講座
講座申込み先ユーキャン
学習期間4ヶ月〜12ヶ月
受講費用¥32,000
受験料無料

離乳食・幼児食コーディネーター講座の教材

離乳食・幼児食コーディネーターの資格の教材
  • テキスト3冊
  • 離乳食・幼児食レシピ集58
  • 食材・外食ハンドブック
  • DVD「離乳食・幼児食 調理のポイント」
  • 学習ガイドブック
  • 添削関連書類一式

講座は、添削サポートは3回で、4回目が在宅受験。

受験料の振り込みや外出の必要がなく、学習から受験までスムーズに進めることができるので、育児や仕事など忙しい方にもピッタリな資格講座です。

>>この講座を今すぐ申込む

>>無料!この講座を資料請求する

[box06 title=”こちらの記事もおすすめ”]>>【実際に受講してみた】離乳食・幼児食コーディネーターの口コミ【仕事にもいかせるの?】[/box06]

離乳食・幼児食の資格講座の選び方

離乳食・幼児食のことが学べる資格講座って、調べたらいっぱいあるんだけど、どうやって選べばいいの?

資格講座を選ぶポイントは3つあります。

  • 離乳食・幼児食どちらも勉強できること
  • 座学や通学よりも通信教育がおすすめ
  • 料金が高すぎないこと

それぞれ順番に解説しますね。

1.離乳食・幼児食どちらも勉強できること

講座の中には、「離乳食だけ」「離乳食はやらないけど、幼児食だけ」など、どちらか一つしか扱っていないものがあります。

私が保育園の栄養士として働いていたとき、もちろん離乳食は、専門的な知識が必要だと感じました。

ですが、離乳食だけではなく、幼児食も、食材や切り方、食べさせ方の知識など、大人の食事とは全然違うので、離乳食と一緒に勉強しておくのがおすすめです。

yumi
赤ちゃんが生まれて、離乳食が終わるとすぐに「移行食」や「幼児食」に移ります。

あっという間なので、まとまった時間をとって勉強するのが本当に大変…。

時間の確保できる妊娠中のうちに、幼児食の知識も学んでおくと、あわてなくて済みますよ。

2.座学や通学よりも通信教育がおすすめ

食の資格試験勉強

妊娠中は、移動も大変なので、家にいながら学習を進められる通信教育がおすすめです。

今はコロナで外出を控えたい人も増えていて、通信教育が人気。外に出かける必要がなく、効率よく学べます。

yumi
私も通信教育で離乳食と幼児食の資格を取ったことがあるのですが、仕事終わりの時間など空き時間を使って、自分のペースで勉強ができました。

3.料金が高すぎないこと

資格講座の費用

講座の中には、20万円〜30万円近い高額のものもあるので、内容がともなっているか、慎重に選んだほうがいいです。

ふだんの生活費もあるし、勉強費用はできる限り抑えられたほうがいいわね。
yumi
通信教育は、コスパ良く学べて費用を抑えられるのでのでおすすめです。

資格試験勉強は、独学と通信教育のどっちがいい?

キャリカレの通信教育の勉強

独学と通信教育で比べると、独学はあまりおすすめしません。

理由は、独学では、書店で本を買ってきて勉強を始めても、最後までやりきれないことが多いからです。

どこが大事なポイントなのか、また、どの範囲まで勉強したらいいのかがわかりにくいので、勉強を途中でやめてしまう人が多いです。

一方で、通信教育は、学ぶべき大事なポイントがテキストやDVDなどの教材でまとまっているので、勉強範囲がわかりやすいです。

yumi
また、通信教育の添削指導では、自分の理解度を確認できたり、わからないところを質問できるのも良いですね。

  • わからないところを質問できる
  • 学習スケジュールが管理しやすい
  • 勉強の範囲がわかりやすい

こういった理由で、通信教育の方がおすすめです。

離乳食・幼児食関連の種類・資格まとめ

離乳食・幼児食は、これから子供を持つ人や、今小さいお子さんがいる方、保育の現場で働く方にもぴったりの資格です。

私自身、栄養士学校の授業で離乳食・幼児食のことを学びましたが、栄養士としての仕事にはもちろん、自分の子育てにもとても役立つ知識だと感じています。

無料で資料請求もできる資格も多いので、ぜひ取り寄せてみてくださいね!

※当サイトの記事に記載の価格は、すべて税込です。

よかったらシェアしてね!
タップで移動できます
閉じる