コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル違いは?資格取ってみた

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違い

当サイト「食の資格どっとこむ」はアフィリエイト広告を利用しています。記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報にもとづき、食の資格どっとこむ編集部がインターネット調査を実施し、コンテンツ作成ポリシーに則り作成しています。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違いは何?と、名前が似ている二つの資格を見て「どっちを取ればいいの・・・?」と疑問に思ったことはありませんか?

このブログを書いている私自身も、コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違いがわからず情報もなかったので、両方とも受験をしてみました。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違い検証のため、教材を両方買いました↓

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座のテキスト
ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座のテキスト・教材

この記事では、コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違いを比べてわかったことをポイントごとに解説します。

申し込み前に違いを知って、ぜひ比較材料として役立ててください。

↓↓コーヒースペシャリストの公式サイトはこちら↓↓

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座

↓↓コーヒープロフェッショナルの公式サイトはこちら↓↓

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座
タップで移動できます

コーヒースペシャリストはこんな資格!プロフェッショナルとの違いは?

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座
資格講座コーヒースペシャリスト
申込み先フォーミー
学習期間1ヶ月程度
(サポート期間180日)
受講費用一括:38,500円
サブスク:月額3,980円
合格基準80%以上の正答率

コーヒースペシャリストはこんな資格

◎コーヒースペシャリスト資格は市販テキストで独学できない。フォーミーの講座受講が条件

民間資格で難易度は低め。カリキュラム通り進めていけば無理なく取れる資格

◎サブスクプランでは、受講と受験にそれぞれ1000ポイント必要なので、合計で2ヶ月分の7,960円必要

コーヒースペシャリストは、一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)が主催する民間の資格。独学はできず、フォーミーのコーヒースペシャリスト資格講座を受講しなければ、資格をとることができません。

費用は一括払いとサブスクプランの2パターンから選べ、38,500円で一括購入するか、月額3,980円で購入するかのどちらかの方法があります。

サブスクプランの場合は、受講に3,980円&受験に3,980円かかるので、合計で7,960円必要です。
フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座の概要

試験日は随時受付。コーヒースペシャリスト資格講座カリキュラムを終えていれば、自分の好きな時間に受験することができます。

実際にコーヒースペシャリスト資格試験を受験したところ、練習問題を確実に解けるようにしていれば、試験の難易度は低いように感じました。

監視カメラなど人の目がない状況で受けられる試験のため、合格率は高めではないかと考えられますが、油断は大敵。

試験には制限時間があり、内容が頭に入っていないと正しい選択肢を考えるのに時間がかかってしまいます。

瞬時に判断して正しい答えを選べるようにしておけば、制限時間があってもあせらなくて済むので、練習問題を間違いなく解けるようにしておいてください。

コーヒースペシャリスト資格講座の口コミや独学できるかは▶︎▶︎コーヒースペシャリスト口コミ・独学と試験難易度は?資格の合格率は高い

コーヒープロフェッショナルはこんな資格!スペシャリストとの違いは?

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座
資格講座コーヒープロフェッショナル
申込み先ラーキャリ
学習期間最短3週間程度
(サポート期間は無期限)
受講費用通信講座+試験は49,500円
試験だけなら11,000円
※キャンペーンで値段変動
合格基準70%以上の正答率

コーヒープロフェッショナルはこんな資格

◎コーヒープロフェッショナル資格はテキストなしで独学もできる。ラーキャリでの通信講座で対策してもOK

民間資格で難易度は低め。カリキュラム通り進めていけば無理なく取れる資格

◎試験は合否結果とともに採点結果の詳細や講評が送られてくるので、どこを直せばいいかわかりやすい

コーヒープロフェッショナルは、一般社団法人日本技能開発協会が主催する民間の資格。試験の申し込みだけなら11,000円と安く独学でき、ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座を受講しなくても、資格をとることができます。

各種キャンペーンが適用される時期もありますが、試験の申し込みは11,000円、通信講座と試験がセットになっているプランは49,500円です。

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座の概要
テキストほか教材類の送料はかかりません。

コーヒープロフェッショナル講座の口コミや独学できるかは▶︎▶︎【コーヒープロフェッショナル試験内容】資格合格率とテキスト・独学できる

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル料金の違いを比べた結果

資格コーヒースペシャリストコーヒープロフェッショナル
通信講座一括:38,500円通信講座+試験は49,500円
試験だけなら11,000円
※キャンペーンで値段変動
サブスクサブスク:月額3,980円なし
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの料金の違いを比べると、通信講座の受講料金はコーヒープロフェッショナルの方が安いです。

しかし、通信講座ではなく受験料金で比べた場合は、コーヒープロフェッショナルは11,000円だけで安くすみます。

サブスクプランはコーヒースペシャリストのみで、コーヒープロフェッショナルにはありません。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル学習方法の違いを比べた結果

資格コーヒースペシャリストコーヒープロフェッショナル
独学できないできる
独学本市販の指定テキストなし市販の指定テキストなし
通信講座フォーミーラーキャリ
教材画像フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座のテキスト・教材ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座のテキスト・教材
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル学習方法の違いを比べると、コーヒープロフェッショナルは独学できるのが違うポイントです。

コーヒースペシャリストは通信講座を買うことが条件なので、コーヒープロフェッショナルとは違い「通信講座を買わないで試験だけ受ける」という選択肢がありません。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル試験の違いを比べた結果

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違い
資格コーヒースペシャリストコーヒープロフェッショナル
試験画像フォーミーの資格試験コーヒープロフェッショナル資格取得講座のテキスト・教材
試験方法Web選択試験筆記試験
受験資格特に制限なし特に制限なし
試験会場自宅やカフェなどどこでもOK自宅やカフェなどどこでもOK
試験日いつでもOKいつでもOK
合格基準80%以上70%以上
合格率公開なし公開なし
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの試験の違いを比べると、コーヒースペシャリストの方が手軽です。

コーヒースペシャリストがスマホで受験できるのに対し、コーヒープロフェッショナルは筆記試験。紙に書いて郵送し合否結果を待ちます。

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座のテキスト・教材

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル過去問の違いを比べた結果

資格コーヒースペシャリストコーヒープロフェッショナル
過去問
(画像)
なしなし
過去問なしなし
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

コーヒープロフェッショナルもコーヒースペシャリストも過去問はありません。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの共通点は?

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの共通点は、「どちらも通信講座が用意されていること」です。

食の資格や検定の中には、資格認定や運営をしている団体や会社の通信講座を買わなくても、試験が受けられる資格もあります。

そんな中で、「試験対策用の通信講座が用意されている」のはコーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの魅力です。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル、それぞれこんな人にピッタリ

コーヒースペシャリストがおすすめの人と、コーヒープロフェッショナルがおすすめの人をまとめました。

コーヒースペシャリストがおすすめなのはこんな人

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座のテキスト
  • スマホひとつで手軽に勉強したい
  • 試験はできるだけ手間がかからず、簡単な方がいい
  • 通信講座の教材はWebテキストだけあればよく、動画は不要

コーヒープロフェッショナルがおすすめなのはこんな人

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座のテキスト・教材
  • 道具のあり・なしで自分に合うコースを選びたい
  • 通信講座を買わないで、安く、実力で試験に挑戦してみたい
  • 通信講座の教材はテキストだけあればよく、Webで勉強できる機能はいらない

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルがどちらも合わなそうなら

コーヒー資格どれが良い?初心者独学おすすめ種類一覧を徹底比較!通信講座

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル資格の違いを知ったうえで、どちらも合わなそうなら、コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル以外の資格講座がおすすめです。

資格名フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒースペシャリスト
日本スペシャルティコーヒー協会のコーヒーマイスター資格
コーヒーマイスター
ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格取得講座
コーヒープロフェッショナル
コーヒーインストラクター検定
コーヒーインストラクター検定
ユーキャンコーヒー資格「UCCドリップマスター」対応の匠の珈琲講座
UCCドリップマスター
日本創芸学院のコーヒーコーディネーター講座
コーヒーコーディネーター
キャリカレのコーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座カーサバリスタコーヒーソムリエ資格認定試験
コーヒーソムリエ
日本安全食料料理協会のカフェオーナー経営士資格認定試験
カフェオーナー経営士
教材画像フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座公式サイト参照ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格取得講座のテキスト・教材公式サイト参照ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)の教材・テキスト公式サイト参照カーサバリスタ・ティースペシャリストが取れるキャリカレのコーヒー&紅茶カフェマスター資格講座SARAスクールのコーヒーソムリエ資格対応講座カフェオーナーコースSARAスクールのカフェオーナー経営士資格対応講座カフェオーナーコース
運営formie一般社団法人
日本スペシャルティコーヒー協会
ラーキャリ全日本コーヒー商工組合連合会ユーキャン日本創芸学院キャリカレSARAスクールSARAスクール
学習期間1ヶ月3ヶ月期限なし3ヶ月3ヶ月6ヶ月3ヶ月2〜6ヶ月2〜6ヶ月
サポート体制・ホームページ、名刺作成サポートあり
・受講期間中なら無料で何度でも質問可能
特になし・受講期限なし
・添削指導1回
特になし・受講期限12ヶ月
・1日3問まで質問OK
・添削指導8回
・受講期限を無料で3ヶ月延長可能
・受講期限は700日間
・就、転職サポートあり
・受講期間中なら無料で何度でも質問可能
・専属スタッフが卒業までサポート
・受講期間中なら無料で何度でも質問可能
・専属スタッフが卒業までサポート
特徴スマホ、パソコンで学習・受験まで完結
・移動時間に勉強しやすい
・EXLEのTETSUYAさん取得
・資格の知名度が高い
受講期限なし
・添削課題の提出は任意で資格取得
・時期によりキャンペーン価格
・受験する級を選べる
・実技講習と試験は指定会場
・通信教育業界大手
・道具が充実
・添削指導8回で回数が多く丁寧・コーヒーと紅茶を一つの講座で同時に学べる
・受講期限が長い
・プラチナコース受講で2つの資格が受験なしで取れる・プラチナコース受講で2つの資格が受験なしで取れる
料金38,500円39,000円・49,500円
・11,000円
・3級:1,500円
・2級:32,000円
・1級:52,000円
・鑑定士:55,000円
69,000円74,000円75,900円95,000円〜115,000円95,000円〜115,000円
申込み今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む今すぐ申込む
資料請求詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る無料資料請求無料資料請求無料資料請求無料資料請求
※資格の詳細は変更されることがあるため、公式サイトで最新情報の確認をお願いします。左から受講料金が安い順に並べて比較しました。

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格講座がすぐれているのは、「確認問題や練習問題で試験対策ができ、添削課題の提出が義務ではない」ところと、「スマホひとつあれば勉強できる」ところです。

また、コーヒープロフェッショナル資格がすぐれているのは、「腸活について大事なところをかいつまんで学べる」ところと、「Webテキストか紙テキストか、プランごとに選べる」ところです。

どちらも独学で受験はできません。

コーヒーのおすすめ資格一覧は▶︎▶︎【コーヒー資格どれが良い?初心者独学】おすすめ種類一覧を徹底比較!通信講座

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル違いを比べて選ぼう

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違い

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの最大の違いは、添削課題があるかないかです。

コーヒースペシャリスト資格は添削課題がなく、試験対策に使えるのは練習問題のみ。

これに対しコーヒープロフェッショナルは、試験までの間に添削課題が3回あり、すべて提出が求められます。添削課題を全部出してはじめて、試験を受けることができます。

手軽に資格を取るなら、コーヒープロフェッショナルよりもコーヒースペシャリストの方が適しているといえます。

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナルの違いを比べて選ぶとき、ぜひ参考にしてみてください。

↓↓コーヒースペシャリストの公式サイトはこちら↓↓

フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座

↓↓コーヒープロフェッショナルの公式サイトはこちら↓↓

ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座

コーヒースペシャリストとコーヒープロフェッショナル関連記事:こちらもおすすめです

【紅茶資格おすすめ種類】どれがいい?独学で簡単!通信講座を一覧比較

【カーサバリスタ資格試験】ティースペシャリスト合格率!キャリカレコーヒー口コミ

通信教育のお得な割引クーポン↓↓↓

キャリカレの期間限定割引キャンペーン
画像:キャリカレ公式サイト

※当サイトの記事に記載の価格は、すべて税込です。

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

タップで移動できます