食の資格の種類

【発酵の資格の種類】一覧で比較!どれがいいの?おすすめは?

発酵の資格

今すぐ勉強を始めたい方はこちら

  • 腸活とか発酵食品が体にいいと聞いて、最近興味が出てきた。
  • 発酵食品の本を買ってきて勉強を始めてみたものの、学習範囲やポイントがわからずに勉強をやめてしまった。
  • 発酵食品の資格を取りたいけど、種類が多すぎてどの資格を選べばいいのかわからない。

発酵食品の勉強をしようと思っても、本を買ってきて独学で学ぼうとしても、何をどこまで勉強したらいいのかわからずに、途中で勉強をやめてしまうケースは多いです。

Yumi
Yumi
私自身、発酵食品の勉強を独学でしていましたが、講座で正しい知識を学ぶことで、ふだんの生活に活かせるようになりました。
そこで

そこでこの記事では、発酵食品の勉強を効率よくやりきるために、発酵食品のことが正しく知識が学べる講座を一覧で比較しました。

 

この記事を読めば、発酵食品の勉強におすすめの資格講座がわかります。

>>【栄養士おすすめ!】発酵食品の資格講座の比較表はこちら

発酵食品の資格講座の選び方

新米ママ
新米ママ
発酵食品のことが学べる資格講座って、調べたらいっぱいあるんだけど、どうやって選べばいいの?

資格講座を選ぶポイントは3つあります。

  1. 座学や通学よりも通信教育がおすすめ
  2. 料金が安く抑えられること
  3. 資格の更新料がかからないこと

それぞれ順番に解説しますね。

1.座学や通学よりも通信教育がおすすめ

食の資格試験勉強

移動はお金も時間もかかるので、家にいながら学習を進められる通信教育がおすすめです。

今はコロナで外出を控えたい人も増えていて、通信教育が人気。外に出かける必要がなく、効率よく学べます。

 

Yumi
Yumi
私も通信教育で食の資格を取ったことがあるのですが、仕事終わりの時間など空き時間を使って、自分のペースで勉強ができましたよ。

2.料金が安く抑えられること

資格講座の費用

通信教育で教材内容にそこまで大きな違いはないので、料金をできる限り安く抑えられた方がいいです。

新米ママ
新米ママ
ふだんの生活費もあるし、勉強費用はできる限り抑えられたほうがいいわね。
Yumi
Yumi
そうですね。通信教育なら出費が抑えられるのでおすすめです。

講座の中には、20万円〜30万円近い高額のものもあるので、内容がともなっているか、慎重に選んだほうがいいですよ。

 

3.資格の更新料がかからないこと

資格の種類によっては、「毎年5,000円」など更新料が必要になるものも意外と多いです。

たとえば、「発酵マイスター」「発酵ライフアドバイザー」「伝統発酵醸師」の資格は、資格の更新のために毎年1万円以上を払わないといけません。

 

一度資格を取ったのに、更新料金を払わないと資格が失効してしまうともったいないので、「更新料がかからないかどうか」は事前にチェックしておきましょう!

 

Yumi
Yumi
ユーキャンやがくぶんなど大手の通信教育の資格講座は、資格の更新料がかからないので、ここから選ぶと良いですよ。

発酵食品の資格の一覧・種類まとめ

発酵食品

発酵食品に関する資格にどんなものがあるのか調べて、一覧で表にまとめました。

↓表は横にスクロールできます。

資格名 受講料(税込) 受験料 受講方法 受講期間 試験
発酵
マイスター
¥176,000
¥11,000/年
(更新料)
受講料に含む 座学・実食 4日間 筆記(2h)
(外で受験)
発酵ライフ
アドバイザー
¥149,600
¥11,000/年
(更新料)
受講料に含む 座学・実習 16h(2h×8)
(2〜4日)
筆記(1.5h)
(外で受験)
伝統発酵醸師 ¥220,000
¥13,200/年(更新料)
受講料に含む 座学・実習 6ヶ月
(月1の頻度)
講座修了で
資格取得
発酵食
エキスパート
1級:¥165,000
(↑発酵食大学院)
2級:¥69,300~¥72,600
(↑発酵食大学or認定校)
3級:¥32,780
(↑発酵食大学通信部)
1級:¥11,000
2級:¥8,800
3級:¥5,500
座学
(級により異なる)
1級:4日間
2級:6ヶ月
3級:動画12回分
(個人のペースで)
1級:筆記
2級:筆記
3級:WEB(在宅受験)
発酵食健康
アドバイザー
¥79,800
(↑試験免除)
¥59,800
(↑試験必要)
¥10,000 通信教育
(諒設計アーキテクト
ラーニング)
2〜6ヶ月 筆記
(在宅受験)
発酵食品
マイスター
¥79,800
(↑試験免除)
¥59,800
(↑試験必要)
¥10,000 通信教育
(諒設計アーキテクト
ラーニング)
2〜6ヶ月 筆記
(在宅受験)
発酵食
スペシャリスト
(醸しにすと)
¥39,900
¥6,400
(↑認定証費用)
受講料に含む 通信教育
(がくぶん)
4ヶ月
◎(サポート期間
10ヶ月)
講座修了で
資格取得
発酵食品
ソムリエ

◆総合的におトク
◎¥32,000 受講料に含む 通信教育
(ユーキャン)
3ヶ月
◎(サポート期間
6ヶ月)
マークシート
(在宅受験)

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

サポートつきで、コスパよく発酵食品の資格が取れるのはユーキャン

ブログ管理人のイチオシ資格は?

表を見るといろいろな種類があって迷ってしまうと思いますが、

結論、おすすめは受験料や資格更新料、認定証発行費用を含め、総額で一番安くとれる、ユーキャンの「発酵食品マイスター」の資格です。

 

ユーキャンの発酵ソムリエの資格講座

 

一括払いなら、認定証発行費用を含めても32,000円と、同じ発酵食品に関する資格一覧の中では安く、3ヶ月もあれば資格が取れるのも魅力的ですね。

 

新米ママ
新米ママ
1日3問まで講師の方に質問ができる体制があるのもいいわね。
Yumi
Yumi
そうですね。「専門の先生に質問できる」のが、独学では得られないメリットなので、ぞんぶんに活用しちゃいましょう。

 

サポート期間も6ヶ月あるので、忙しい方も余裕を持って、自分のペースで学習ができますよ!

\ 資料請求は無料!/おトクに受講する

独学と通信教育、どっちがいいの?

独学と通信教育で比べると、独学はあまりおすすめしません。

理由は、独学では、書店で本を買ってきて勉強を始めても、最後までやりきれないことが多いからです。

 

どこが大事なポイントなのか、また、どの範囲まで勉強したらいいのかがわかりにくいので、勉強を途中でやめてしまう人が多いです。

 

一方で、通信教育は、学ぶべき大事なポイントがテキストやDVDなどの教材でまとまっているので、勉強範囲がわかりやすいです。

 

Yumi
Yumi
また、通信教育の添削指導では、自分の理解度を確認できたり、わからないところを質問できるのも良いですね。
  • わからないところを質問できる
  • 学習スケジュールが管理しやすい
  • 勉強の範囲がわかりやすい

こういった理由で、通信教育の方がおすすめです。

\ 資料請求は無料!/おトクに受講する

発酵食品関連の資格のまとめ

発酵食品

発酵食品は、最近の腸活ブームでも注目されていて、体にいい食事に興味のある方や、美容・健康関連の仕事についている方にはぴったりの資格です。

 

私自身、栄養士学校の食品の授業で発酵のことを学びましたが、ふだんのメニューに納豆やぬか漬けを取り入れるなど、自分で食生活をととのえるのにとても役立っている知識だと感じています。

 

ユーキャンは無料で資料請求もできるので、ぜひ取り寄せてみてくださいね!

\ 資料請求は無料!/おトクに受講する

ABOUT ME
Yumi
栄養士の学校で食や健康を勉強し、栄養士の資格を取りました。 今は30代前半で、家庭を持ちながら共働き。 資格を取るのが趣味で、食関連のいろいろな資格に挑戦しています。 栄養士など、食関連の資格に挑戦してきた経験をもとに、食の資格のとり方をブログで解説しています。 趣味はハンドメイドと料理です♬
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ